組織一覧(委員会方針)

Pocket

長期戦略特別委員会

委員長 石原 紘一

 長期委員会で討議の結果、今年度も含め以下の方向が委員から示された。

 ・メンバーの経験をもっと生かすため、アドバイザー機能を持ってはどうか?

 ・初めて委員長に指名されたり、未経験な役職に就いた場合の不安や方向を相談できる窓口となりえないか?

 ・悩み相談とまではいかなくても『よろず相談』が気軽にできる委員会であってもいいのでは?

いずれにしても、長期的なビジョン討議をしながら、上記の活動を含めた積極的な活動を進めていきたいと思います。


職業奉仕委員会

委員長 石川 豊和

職業を通して世の中に貢献する。ロータリークラブは、この職業奉仕の理念があるから創立から地域や社会で認められていると思います。

私たちは、具体的に職業奉仕を表している4つのテストを有言実行することによって、いつも新鮮に仕事もできます。

今年も3つの活動を行っていきます。

①例会での「四つのテスト」の唱和

②担当例会での卓話を実施する。

③職場訪問の実施


社会奉仕委員会

委員長 宮内 哲也

 地域社会に貢献できる、ロータリークラブであり続ける為に以下の活動を行っていきます。またガバナーの「行動するロータリーを目指そう」を受けた大西会長の運営方針にそって、新たな活動を模索していきます。

 ⑴ 四国中央ふれあい大学への協賛

      生涯学習などの文化活動の支援

 ⑵ 四国中央紙まつりへの協賛

      産業祭、市民祭の支援

 ⑶ 四国中央市障がい者福祉団体連合会スポーツ交流会への協力

      障がい者の活動支援


国際奉仕委員会

委員長 石川 隆文

 2020-2021年度RI会長方針「ロータリーは機会の扉を開く」、第2670地区ガバナー方針「『行動するロータリーを目指そう』-基本理念から新しい流れへ」に基づき、国際概念を学ぶ機会を提供し、国際奉仕の理解を深める活動に積極的に参加できるように努めていきます。

1.青少年の短期交換留学:今年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりましたが、今後も続けていけるように、川之江高校とのつながりを持って、受入・派遣ができるように準備をする。

2.長期交換派遣:地元高校や学生に対し、事業を案内し理解を深めていただけるよう活動する。

3.国際奉仕ファンド:

1)キャンプメリーハート(RI7470地区障害者自立支援センター)への支援

2)書損じハガキキャンペーンへの協力

3)国外への支援要請に対する計画と準備を検討しておく


青少年奉仕委員会

委員長 宇高 尊己

 本年度国際ロータリーRI会長方針「ロータリーは機会の扉を開く」とあるように、大西聖和会長のもと、青少年を輝かしい未来にいざなうため、微力ではありますが以下の活動にあたってゆきたいと思います。

 1.南北中学校の「将来の夢」を聞く会の開催

 2.南北中学校へのロータリー文庫の寄贈とその充実

 3.ロータリー少年少女キャンプへの参加推進及び支援

 4.RYLAセミナーへの理解と啓蒙


クラブ奉仕委員会

委員長 寺井隆仁郎

クラブ奉仕は、本クラブの機能を充実させるために、クラブ内で会員が取るべき行動に関わっていく事と書かれています。

各委員会の活動が大西会長の方針のもと滞りなく行なえるよう積極的に参加し出席と親睦を深められるよう努めてまいりたいと思います。


ロータリー財団委員会

委員長 宇髙 光重

ロータリー財団は1917年アーチ・C・クランフが26ドル50セントの基金で礎を築き、これまで健康状態の改善、教育への支援、貧困の救済を通じて、世界理解、親善、平和を達成してきました。

1979年にフィリピンで600万人の児童にポリオ予防接種の活動を始めた財団は、1985年ポリオプラス・プログラムを開始し、その後はポリオ撲滅を組織の最優先項目とし、25億人以上の子供たちに予防接種を受けさせ、125か国35万件あった発症数を今では一桁まで減少させ、撲滅まであと一歩の所まで来ています。

ロータリー財団は、支援頂く方々からの自発的な寄付のみによって支えられています。

本年度も、年次基金100ドルとポリオプラス20ドルの合計120ドルのご寄付をお願い致します。

重ねて、ポールハリスフェローも3名ご協力戴きたく存じます。

本年度川之江ロータリークラブ大西会長の方針の③として

愛媛大学社会共創学部への支援を継続し、将来の地域紙産業発展のための人材育成をする

を掲げられております。

ロータリー財団委員会は地区補助金を獲得し4年目の支援をより有意義に実施して行きます。


米山記念奨学委員会

委員長 尾藤 淳一

米山記念奨学事業は、日本に在留している留学生に奨学金を支援するものです。これにより日本と世界を結ぶ架け橋となる人材を育成し、世界平和に繋げていくことを目指しています。

今年度は川之江ロータリークラブで担当する留学生がいないので、留学生来訪時のサポートを行うとともに、普通寄付・特別寄付という形で米山記念奨学事業に貢献していきます。


プログラム委員会

委員長 森実 秀郎

大西会長のクラブ運営方針に基づき、各委員会が有意義な機会の扉を開けます様、例会等の年間プログラムを作成したいと思います。


職業分類委員会

委員長 石川  晋

 職業分類の原則に則した充填・未充填職業分類表を作成し、新入会員及び変更が必要な会員の職業分類を理事会と協議して決定します。


出席委員会

委員長 田辺 龍夫

 大西会長が今年度のクラブ運営方針の一番目に、「出席率の向上」を挙げているように、例会への出席は全てのロータリー活動の原点であり、友情と人脈づくりの機会に臨む場であります。

今年度の委員会方針として、

1、出席率100%を目指す

2、メークアップの奨励

3、大会や例会以外の行事、勉強会への積極的な参加

の3つを挙げ、

皆さまのご協力のもと、進めてまいります。


雑誌委員会

委員長 髙橋 賢司

「ロータリーの友」を事前に熟読し、会員の皆様に毎月、楽しく有益な記事を紹介します。

そして、当委員会の紹介により、「ロータリーの友」を普段あまり読まない人の『扉を開く』ように努めます。


会報委員会

委員長 藤原 康展

クラブの活動報告、例会や会員関連の情報をタイムリーにまた正確に伝える会報を発行し、会員相互の親睦や理解を深め、情報の共有化を図って参ります。

 会員の皆様の寄稿、情報提供などご協力をよろしくお願い致します。


親睦活動委員会

委員長 石村  浩

本年度大西会長の運営方針「ロータリーの様々な会合に積極的に参加し会員間の親睦を深める事」に重点を置き親睦委員会を運営して参ります。

従来の親睦旅行・クリスマス家族会に加え、地区大会もできるだけ多くの2日間参加をお願いいたします。会員そして家族同士の親睦から新たな「機会の扉」が開かれることを願っています。


広報委員会

委員長 谷  裕二

ホームページを充実させ、クラブ独自の活動に対する広報活動を行います。MY ROTARYへの登録100%を目標にします。会員の皆様のご協力をお願い申し上げます。


研修委員会

委員長 山川浩一郎

大西会長方針の「④研修委員会の研修を通じてロータリーの理解度を深め次世代のリーダーを育成する。」方針に従って運営します。具体的には、

   オリエンテーションの開催 1回

   研修会の開催       3回

を開催いたします。


会員選考委員会

委員長 篠原 正能

会員増強委員会より推薦された方を、当クラブ会員としてふさわしいか、その人格、職業上および社会的地位並びに一般的な適格性など、クラブ細則に照らしながら調査し、会員増強、職業分類委員会と連携を密にして、理事会に報告致しますので、宜しくご協力の程お願い申し上げます。


会員増強委員会

委員長 大西 宣弘

本年度はコロナウイルスによる世界的危機に遭遇して、先行きは予断を許しません。そのような環境下での会員増強は厳しいものとなりますが、RI会長の方針ならびに大西聖和会長の運営方針に従って、本年度も会員増強を図り、退会者の防止に心掛けたいと思っています。

会員増強については、広く会員の皆様のご協力が不可欠です。多くの新会員候補について情報提供を今後ともお願いいたします。


SAA

坂  宗尚

本年度、大西会長の「親睦と出席を大切に」という方針のもと、この運営方針がうまく遂行できるよう会場監督としての立場で、風紀を守り気品ある例会運営に務めたいと思います。

会員の皆様方におかれましては、お祝い事や楽しいことがありましたらニコニコニュースでの発信よろしくお願いいたします。

新着情報

PAGE TOP