会長あいさつ

Pocket

2024-2025年度

川之江ロータリークラブ運営方針

「行動してマジックを生み出そう」

会 長  石村 浩
2024-25年度国際ロータリー会長ステファニー A. アーチック会長のテーマは「THE MAGIC OF ROTARY  ロータリーのマジック」です。「プロジェクトを終えるたび、寄付するたび、新会員を迎えるたびに、皆さんはマジック(魔法)を生み出すのです。」それを受けて夏見良宏ガバナーは「インパクトをもたらそう 青少年に夢を」と、ロータリーのクラブ戦略計画に則り、特に将来を担う青少年に大きなインパクトをもたらすように呼び掛けています。

そのような流れを受け、本年度は「行動してマジックを生み出そう」といたしました。これまでは親睦が主体でクラブとしての対外奉仕は金銭的なものがほとんどです。確かにロータリーの理念と実践では「ロータリーの奉仕活動は個人個人が主体で、団体としてするのが本筋ではない。」とありますが、これには続きがあり「但し最近の国際奉仕活動はクラブ単位、或いは数クラブ単位合同で、又、地区全体でないと出来難いことが多くなって来ている。」とあります。国際に限らず、米山事業や愛大共創学部との交流事業も個人だけではありません。「公共イメージ向上」が求められる様になり、これまでの会員各個人が企業を通した奉仕活動だけでなく、クラブとして多くの一般市民に目に見える形で奉仕または一緒に行動し、広く影響を与えることが求められる様になってきました。そのような新たな奉仕事業を積極的に立案行動し、地域のニーズを掘り起こしていただければと願っています。

「ロータリーが私たちにとって何を意味するにせよ、世界は、その活動成果によってロータリーを知るのです。」これはポール・ハリスの言葉で、国際ロータリー理事会会議室にも掲げられています。何事も行動した結果だけしか部外者からは評価されません。ロータリーアンとして行動してロータリーのマジックを実現していきましょう。

最後に、時代の変化に対応した変革をしながら、それを次の世代に繋げていくことが会長としての役割であると思います。皆様、どうぞ一年間よろしくお願いいたします。

優先事項1「より大きなインパクトをもたらす」

  1. End Polio 活動
  2. ロータリー財団への寄付
  3. 少年式作文表彰(「青少年に夢を」プロジェクト)
  4. 愛媛大学共創学部との交流事業(「青少年に夢を」プロジェクト)

優先事項2「参加者の基盤を広げる」

  1. 会員増強 会員数50名
  2. 公共イメージ向上 イベントでのPR
  3. 伊予三島RCとの合同例会(ガバナー公式訪問・観桜会)
  4. 他クラブへのメイキャップ

優先事項3「参加者の積極的なかかわりを促す」

  1. ロータリーファミリーの家族親睦旅行・クリスマス会への参加促進

優先事項4「適応力を高める」

  1. クラブ内研修の実施
  2. ロータリーリーダーシップ研究会(RLI)

直近のイベント

今後のイベントはありません。

新着情報

PAGE TOP